弱視は治療で回復します
そのためには、三歳児での視力検査が重要です
弱視とは

 子どもの視力は生まれてから発達が始まります。生まれたばかりはぼんやりとしか見えませんが、毎日ものを見ることで、しだいに視力が発達し「見える」ようになります。
しかし、視力の発達する期間(生後~6歳ぐらい)に、強い遠視や斜視(ピントがあっていない状態)などがあると、視力が悪い状態のまま発達が止まってしまいます。これを「弱視」といいます。
 弱視の恐いところは、視力が発達する期間を過ぎてから治療を開始しても、視力は発達しないということです。そのため治療が遅れると、たとえ眼鏡やコンタクトをつけても鮮明には見えない目になってしまいます。



                                      ※視力は0.3は参考

 弱視の治療で大切なことは、早期発見、早期治療です。早く始めるほど治療の効果は高くなります。幼児は見え方に異常があっても自分からはそれを訴えません。
 このため、3歳児健康診査及び 幼稚園・保育所で、早い時期に視力検査を受ける事は、弱視の早期発見にとても重要です。   


3歳から楽しくできる視力検査「たべたのだあれ」を活用して
弱視の疑いの可能性のある幼児をひとりでも多く見つけ出すために
スクリーニングを行いましょう!!




 
■販売元:有限会社創友
■「たべたのだあれ」TOP
■製品化までの
 経緯と目的
■弱視とは
■全体の特徴
■楽しい「練習絵本」の
 特徴
■視力検査までの流れ
■検査台・視力表の特徴
■視力検査の検証
■検査状況の
 写真・ビデオ
■販売商品について
■カタログ(PDF)送付
■製品化までの経緯と目的 ■弱視とは ■全体の特徴
■楽しい「練習絵本」の特徴 ■視力検査までの流れ ■検査台・視力表の特徴
■視力検査の検証 ■検査状況の写真・ビデオ ■販売商品について
 


お問い合わせ 有限会社 創友   E-mail tabetanodaare@soyu-ec.co.jp


TOP >>